ロゴ
HOME>Topics>下肢静脈瘤になったら手術が一番!早期治療で早期改善しよう

下肢静脈瘤になったら手術が一番!早期治療で早期改善しよう

カウンセリング

下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤とは、下肢の静脈が膨れてコブ状になっているもので、心臓に戻る静脈流が心臓の弁の不調などにより逆流することで起こります。下肢の皮膚にむくみや色素沈着が現れたり痛みを伴ったりすることもあります。比較的多くの方に見られますが、症状が重い場合の手術は心臓血管外科で行い、静脈の中に細い管を入れてレーザーや高周波の熱で静脈を焼いて塞ぎます。

医療

聴神経腫瘍の特徴

聴神経腫瘍は良性の脳腫瘍であり、聴神経周囲を被っているシュワン細胞から発生します。この腫瘍は非常にゆっくりと大きくなるので、症状が出る頃にはかなり大きくなって見つかります。初期症状は聴力の低下ですが、徐々に起こるために気が付くのが遅い傾向にあります。腫瘍がかなり大きくなると、顔面のしびれや、顔面筋肉の麻痺、嚥下障害などを起こします。

聴診器

内科と外科の違い

内科は病気の検査診断と薬物治療が中心ですが、外科は検査診断と外科手術を中心に行われます。特定の部位を除き、一般的にはまず内科で受診して、手術が必要な場合は外科が紹介されます。近年では内科と外科の線引きが難しくなってきました。内視鏡を使った簡単な手術は両国などにもある内科で行われることもあります。また、浦安でもそうですが夜間診療を行うクリニックも増えています。

優良な内科の特徴

医師

親切で丁寧、患者に優しい

患者は不安を抱えて病院に受診しますので、親切で丁寧な応対に患者の心は安らぎます。

症状や悩みをじっくりと聞いてくれる

患者の悩みや症状をじっくりと聞いてくれることは、その後の診断にも役に立ちます。

病状や治療内容を分かりやすく説明

診断結果や治療内容を分かり易く説明をしてくれると、治療も受け入れやすくなります。

通院している患者の評判が良い

通院している患者の評判が良いのは、その内科の診断と治療が良いことを示しています。

経験豊富な内科医がいる

診断と治療結果は経験にも左右されますから、経験豊富な医師がいることが望まれます。